ネワールの伝統菓子「ヨーモリ」

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらのカテゴリーは「ネパールのあまいもの」です。

女子ってのは、

子供から大人まで

本当に甘いものに目がないのだと

つい最近になって知りました。。笑

ネパールの料理で何が食べてみたい?

何人かの女子にそう問うと「ヨーモリ!」

なら、仕方がない作ってみようか!

女は度胸

実は、ヨーモリは特別な場面にしか登場しない

スーパーアイドル。

だから、登場した時にはすでに特別で

ざこには触らせて貰えない。笑

そんなこんなで、

ネパールに30年も住んでいながら、

ヨーモリを作る機会には恵まれませんでした。

でも、見てはいたからやればきっとできる。

ヨーモリの形

不思議なこの形の起源ははっきりとしていません。

尖った先端から作り始め、

女性の腰のくびれのような丸み、

そして魚のひれのようにふたつに分かれた尾??

この形でなくてヨーモリにはならない。

わけも理由も判らない。

それでも伝統は真っ直ぐに受け継がれていく。。

ちなみに、

子供の誕生日などでは必ず作ります。

それも、奇数では作らず偶数の誕生日にだけ作るのは何故なのだろう・・・

この点についても、謎。

誰も答えることができません。笑

作ってみたよ

恥ずかしいけど、楽しかった!

←友人は可愛い!可愛い!と褒めてくれたが

実は穴があれば隠れたいほど恥ずかしかった~のです。

が、しかし!

美味しかった!!中身の甘味はココアで。

  • 上新粉かだんご粉をこねます。
  • 中に詰める甘いものを用意します。黒砂糖やココアなど
  • 蒸し器を用意して15分ほど蒸したら出来上がり!!

ネパールには、

不思議な料理が本当にたくさんあります。

ヨーモリもそのひとつです!

上級向けですが、ちょっと腕まくりすればきっとできますよ~

30年生の私が保証します。笑

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちひろシレスタのブログ , 2018 All Rights Reserved.