水仙のはなし

 
この記事を書いている人 - WRITER -

結婚の儀式になくてはならない花

それがスイセン。

私にとっても、大好きな花。

ネパールの儀式で使われる花は

いろいろあってどれも香りがするものばかり。

スイセンのことを「グンケラ」と言います。←ネワール語

我が家には、今千葉産のグンケラが芽吹いています。

父親が千葉に住んでいた頃にネパールに持ち帰った球根たちで、

これが芽吹くたびに、甥っ子の結婚やらまあ、

息子らの結婚にはまだ時間があるなぁ・・などと思うわけで。

乾燥したものでもいい

花嫁に届けなければならない花。

それが、スイセンなのです。

今日、近所の美容院に行ってみたら、先客がいて例のごとく

ああだ、こうだとちんたらたら長い話をしながら、買うのか買わないのか。。

その女性は可愛い女の子連れで←小学校2年生くらいかな?

私と女の子は微妙な目配せをしながら

彼女の野心を知った!・・(笑)

耳には、きらきらとピアスを光らせて

店にあるアクセサリーを、穴が開くほどその大きな瞳で見つめていました。

私は用を済ませ退散しようとしていました。

その時、幼い彼女は自分のその野望を母親に強行していました。

普通なら挫折しているだろうと思われる幼い少女の願い。

それは50ルピーのピアス。

かわいいね そう言われるのは、女の子だったら誰だって嬉しい。

私のお気に入り美容師さんが思わず「40ルピーでいいから」と

優しいやりとりを

どうなることやら。。。と傍観していたら

「マン ラクヌ パル ツァ」と言ったから

思わずぐっと来た・・私

マン=気持ち ラクヌ=入れる パル=べきである 

幼き乙女の気持ちを汲んであげてってこと。

スイセンの花の香りのような、大きな瞳の女の子に乾杯!!←晩酌中ですんません。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちひろシレスタのブログ , 2017 All Rights Reserved.