髪のお手入れのこと

2018/02/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらのカテゴリーは「気ままなおしゃべり」です。

冬のネパールは、乾燥がひどくて

髪もお肌もかさかさ。本当にたまりません!!

今日は髪のお手入れあれこれを、おしゃべりしてみます。

 

1.乾燥に注意!

ネパールで、誰でも知っている通常髪ケアと言えば、

何と言ってもこれ!「オイルマッサージ」

昔から、

良質な菜種油を髪や肌に付けることが習慣となっています。

右が菜種油で、左はマスタード油

どこが違うの??

匂いが全然違いますって!

食べても美味しい、素晴らしい油です。

マスタードオイルは手に入りにくいかもしれません。←大量に作らないから

これは、髪だけではなく

産後のマッサージにも使われます。

赤ちゃんも、お母さんも

日向ぼっこしながら菜種油で全身をマッサージします。←私もやりましたよ~

良質なものは、写真よりもっと黒々としていますが

それは、菜種の種を炒めてから絞るので、腐っているとかでは決してありません!

先日は、ちょっと珍しい油を見つけました。

 

2.いわゆるヒマシ油

このオイルは大麻の実から摂取した油で、

頭髪トニックなどにも混ざっていますよね。←柳屋のヘアトニックにも記載あり。

ネパールに住んで20年以上経ったけど、こんな油があるとは!

知らなかったなぁ~

南ネパール人美容院で見つけたんですが、これは珍しかった!

さっそく使ってみましたが、効果のほどはまだなんとも言えません。

もしも、フケで悩んでいる人なら、

油を少し温め、樟脳を一欠けら入れたものをマッサージとして使います。

樟脳のことをネパール語では、

カプールと呼び、お祈りアイテムの一つでもあります。←くすのきのことも、カプールと呼びます。

 

3.月に一度は、ハンドオイルマッサージをしてもらう

美容院へ行って、15分~20分くらい頭部を指圧マッサージしてもらい

それから、10分ほどスチームを当ててもらいます。←または、ホットタオルを巻いてもらう。

後は、美容院のお姉さんとのおしゃべりも楽しいですね。

女の子同士で、いろんな情報を得ることができますし。

お家でやるならこんな方法もありますよ。

資生堂のサイトにも詳しいやり方の説明がありました。

http://www.jeelle.com/headskincareserum/

 

4.髪を洗う時は、熱いお湯は絶対に使わない。

これは最近になって知ったことなのですが、実践してみて有効だと感じました。

ぬるいお湯でやさしく洗いましょう。

シャンプーはハーブ系の優しい洗いごこちのものを選びます。

まだ試してはいないのですが、小麦粉シャンプーもいいみたい。

https://soundstyle.co.jp/information/data03.html

 

5.枕のカバーはシルク布にする。

これは私なりの、髪への思いやりです。

好きな色のシルク生地を買ってきて、

四方を縫えばすぐにできますので、是非お試し下さいね。←無色のものが一番いいかも。

長い髪はゆるっと束ねて休みます。

 

6.髪は、食生活や精神状態をそのまま表す。

私が、ネパールに住み始めて数年が過ぎ、

日常の会話ができるようになると、←それまでは全然理解不能でした。

周囲の人達や家族はこぞって、

私にいろんな話を聞かせてくれました。

ありがたい話もたくさんありましたが、

じっと何時間も愚痴や悪口を聞かされたこともありました。

嫁した家族が大家族でなかったのがせめてもの幸いで、

 

7.私は円形脱毛症になった。

コインほどの大きさの円形脱毛は、

後頭部を中心にいくつもに広がっていきました。

あのときは正直言って、ネパールでの生活を諦めようかと思いました。。。

いくら医者に見せても直らないし、付ける薬もないと言われましたから。(笑)

家族内のもろもろの話。

それは、私にはとても重たいものでした。辛かったなぁ~ ←これって、真面目すぎただけ??

まあ、ともかく

患部に薬用として使ったのは、生姜汁だけでした。

結果としては

どれくらいしてからかは定かではないのですが、←ここがミソです。頓着がない性格なので

家族に宣言しまくりまして、

「髪がなくなったら日本へ帰るし!!」

連れはどんなことを考えていたかは知りませんが、

まぁ、気がついたら直っていた!

ってことで一件落着しましたとさ。終わり。。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちひろシレスタのブログ , 2017 All Rights Reserved.