サリーを買いに行こう!上級編

2018/01/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本の年末年始は、

こちらネパールでは観光シーズン真っ盛り!!

今年は美しいヒマラヤ山脈も姿を見せてくれています。

旅行の楽しみのひとつ!

それはサリーを買いに行くこと!

もちろん他にも欲しいものはたくさんあると思いますが。。。

まずは、

最近流行りのスーパーマーケット

Bhat Bhateni Supermarketでサリーをゲットするのも

カンタンでお勧めです。

なんと言っても値段交渉をしなくてもいい!!

最近大型スーパーはあちらこちらにできていますが、

値段もリズナーブルですよ。

私がいいな。と思うのは

バートバティニスーパーのコテショール店二階。

ペティコートも多少はあります。

ここなら女のスタッフがいるので、

声をかければ教えてもらえるよ!

私が良くやる手は、

スタッフの女の子にサリーを着てもらうこと。

何枚だって着て見せてくれるよ~面白い~。(笑)

サリーと一緒にショールも買っておけば、

結婚式や子供の儀式など、

ちゃんとした場面に役に立ちます。

地味なサリーに写真のような派手なショール

とかの組み合わせとかもおしゃれです。

 

 

タパタリーのサリーショップ「シバ シャクティ」

大きな耳がぶら下がっているお寺のすぐ近くにあって、

カーン(耳の意味)デオタ(神様)を探すと判りやすい

タパタリーのサリー屋さん。

ここにはピンからキリまでのサリーや

パンジャビドレス、既製品のトップスも揃えています。

インド系のオーナーは、

以前はニューロードのサリー屋をやっていた方です。

店の隣には仕立て屋さんもあります。

サリーを買ったら、

色を合わせて、必要なアイテムも揃えてしまいましょう。

中級編でもお話ししましたが、

サリーと同色ペチコートとマッチングするブラウス布が必要で、

裾よけは滑りの良いシルク布のものを購入します。

縫い物ができる方はご自分でやっても楽しいですよ。。

その際には、一度仮縫いをしてからサリーを巻いてみて

綺麗にギャザーがよるかどうかを確認してから、

本縫いをすると失敗がなくて済みます。

さあ、いよいよ最後の仕上げ

アクセサリーと靴です。

これも大切ですから、スルーしないで下さいね~

時々見かけるのですが、

サリー姿は決まっているのに、

スニーカーを履いている人・・・・

実は、

女性の足元って結構見られているんですよね。

ネパールでは女性の器量を計る時には、

足元を見れば判る。と言われているのです。

サリーに合う色のヒール靴まで揃えたら完璧!ですね。

さらには銀のアンクレットをしたらもっと素敵!

そこまでする??

するんですよ~しますよ~普通に。

ネパールの女性はおしゃれですから!

 

ガラス製のブレスレット「ツーラ」

ツーリとも言いますね。

プラスチックとか金属のきらきら系とかいろいろありますが

やっぱりこれ!

緑のガラス製は本当に愛用しています。

ガラス製のツーリは、チリンチリンと鳴って楽しいですよ。

サリーの色に合わせるのがおしゃれです!

腕のサイズより大きいと

割れまくりますのでご注意あれ。

 

真珠のネックレスが一番映える?

 

ネパールの人は光ものが大好きです。

結婚式などは、皆金キラと言うか金ピカです。

あの、そう言った古き良き伝統にはちゃんと訳があってですね、

金は資産になりますから、

必要なときには現金にして用立てる訳なんです。

だからお嫁さんがどれだけ金を身につけているか、

大事なポイントですね。

皆そればかり見てます。

嫁の容姿なんて関係なしかも。(笑)

だから、お嫁さんも首が重くて回らないほど付けてる。。

最近では、純金の値段が跳ね上がり

まがい物を身につけるようになりましたが?

私は日本人だから

真珠が好き!

なのよ~と言って周囲には納得させています。(笑)

ビーズのネックレスもいろいろあります。

これはティラリーと呼ばれるもので、

真ん中に純金の飾りがついています。

襷がけのように大きなものを着けることもありますが、

私の嫁したネワール族では、

赤いティラリーと決まっています。

白のティラリーはちひろ考案の特注品です。

ネパールでは売っていませんので、探さないで下さいね。

カンタンに着用できる簡易サリーもあるよ!

実はブログを書きながら、

良~くシュミレーションしてみたんです。

サリー初心者はどうやって着るのか?と

あれ??

実はとても大変かもしれない・・・たぶん。

もちろん着用の仕方をお教えしてもOKなのですが

下着姿から着用までをビデオに収めるわけにもいかん!

ならば!

一番の早道は土産屋で簡易サリーを買ってしまうこと!

店には女のスタッフもいるから着付けもOKだし!

着用パンフなどもあります。。

タメル地区のお土産屋でお勧めは、

ヒマラヤンJAVAコーヒー店のお隣かなぁ。

お店の一番奥に結構なストック有り。

ここも交渉なし店です。

あっ!店の名前忘れてもうた!めんご!

最初からこの方法でいけば長々と書き散らすこともなかった??

それでは、後はお任せします。

グッドラック!ってことで!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちひろシレスタのブログ , 2017 All Rights Reserved.