ネパールの梅?果物ラプシーのお漬物

 
この記事を書いている人 - WRITER -

このカテゴリーは「シタの台所」です。

ネパールは昨日

春一番の突風が吹きました。

毎年やってくるのに、

予測不能でいつでも突然やってきます。

こんな時は、

正直何が飛んで来るか判りませんよ。

危ない危ない

ですから、

ネパール在住なら春は要注意!

屋上などに、

植物の鉢を置く場合は配慮して下さいね。

お庭の鉢も、

気をつけないとせっかくのお花が台無しに。

今日は、日本で言うところの「梅」にも似た

 

ネパールのラプシーのこと

おしゃべりしてみたいと思います。

この果物はネパール特有の植物で

それはそれは、大きな

大き~な大木になります。

三階立てのお家くらいになるんです。

だから、下から木を揺すって落ちたものを拾います。

あまりにも実り多いので、

ネパールの人は神さまが宿っていると言うんです。

 

伝統的な会食にも登場するレシピ

用意するもの

  • ロプシ 300グラム
  • ざらめ 60グラム
  • シナモンスティック 1本
  • フェヌグーリーク 小さじ1
  • テージパッタ 一枚
  • クローブ 3粒
  • カルダモン 5粒
  • ビッグカルダモン 1粒
  • 菜種油 大さじ2
  • いちみ 少々

作りかた

  1. まずは、綺麗に洗ったラプシを煮ます。
  2. 皮と実が綺麗にはがれるまで煮えたら
  3. 手作業で皮と実を分別します。
  4. 砂糖をキャラメライズする。
  5. 半カップのぬるま湯を入れてゆっくり溶かす。
  6. スパイスを入れてことこと5分煮る。
  7. 別の小鍋に、油を熱しフェヌグリークシードを焦がす。
  8. 火を止めたら、ターメリックといちみを入れて
  9. 手早く4に入れてから、2分煮込んだら出来上がり。

 

手作業で皮を剝くのが大変なので、

人手があるときに作り置きしておくのもいいかも。

皮は乾燥させたものを粉にして、

再利用します。

実から種を取り出して干したものが

「ラプシーキャンディ」

これは、ネパールのお土産の代表選手ですね!

ちなみに我が家では、

時期になるとキロ単位で

大量に買い込んでくるので、

それは大変な手間を要するのですが、

誰も手伝ってはくれません。涙

手間がかかるから、

分業でやりたいと申し出たのですが。

言い方が悪かったのか、

ただ単に面倒だったのか、

どちらにしても手伝うどころか、

それっきり買って来なくなってしまい・・・逆効果でした。

あれは、失敗したなぁ~

 

砂糖のキャラメライズ

家庭によっては黒砂糖で代用する場合もありますが、

このひと手間で、

お味は大きく違ってきますから、

是非お試し下さいね。

ただ、注意して欲しいのはキャラメライズが出来上がったら、

熱いお湯を入れると、

爆発するみたいになって危ない!

逆に水を入れるとカチンコチンになっちゃうんです。

だから、私はぬるま湯がちょうどいいのかなぁ~と思うのですが。

詳しい方がいたら教えて欲しいなぁ~

近頃では、

結婚式他おご馳走の会場で

バイキングのお料理の隣に、

ラプシーがお行儀良く並んでいるのを見かけます。

食用の赤色で着色してあることもあり、

えっ?とさせられますが、

はい、同じラプシーです。

ちょっとお化粧が濃いですけどね。

 

今回のできあがりはこちら

 

煮沸した瓶につめれば、

何ヶ月も持ちます。

今度日本へ帰国する際には、

梅で作ってみたらどうかなぁ~とか

ちょっと楽しみです。

黒砂糖の伝統お菓子についてのブログも良かったらどうぞ。

http://chihirosita.com/post-147/

今日も読んでくれてありがとう~

では、また。

ペリーベトゥンラ!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちひろシレスタのブログ , 2018 All Rights Reserved.