ネパールのデザート

 
この記事を書いている人 - WRITER -

このカテゴリーは「シタの台所」です。

何だか梅雨らしからぬ初夏の空!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ネパールから日本へ一時帰国中の私ですが、

日程も中盤に入りました。

今日は、

暑い夏にピッタリ!

ネパールの伝統デザートのご紹介です。

 

柑橘のスパイスサラダ

用意するもの(4人分)

  • 夏みかんかはっさく3個くらい
  • バナナ2本
  • りんごなど果物であれば何でもOK!
  • ヨーグルト少し
  • きび砂糖
  • すりごま
  • 油(加熱に強いもの)
  • フェヌグリークシード
  • ターメリック
  • クミンパウダー

下準備と作り方

  1. 夏みかんの皮を剥いて、房を取り実だけにする。
  2. バナナは輪切りスライスに切る。
  3. 大きなボールに果物を入れて、すり胡麻をたっぷり混ぜる。
  4. テンパリング(油にスパイスの香りを移すこと)用のフライパンを用意する。
  5. 弱火で油を熱したら、フェヌグリークシードを入れて香りを移す。
  6. 火を止めたら、ティスプーン半分ほどのターメリックを5に入れる。
  7. ゆっくりと3に混ぜ合わせたら出来上がり!

 

ネパール語でお祈りのことを「プジャ」と言いますが・・・

もろもろの作法の一番最後の締めとして

供えた果物の皮を剥き、

実だけにしてさらに細かく食べやすくしてから

このデザートを作ります。

はっきり言って

手間も時間がかかります。笑

ですが、このデザートを作り、

頂かないことには「プジャ」は終わらない!!

「プラサード」と呼ばれるこのデザートを

誰もがお替りするほどいただいたら、

プジャは終了!

スパイシーでありながら、

甘くフルーティでどんどん食べれてしまう~

不思議なデザートのご紹介でした!!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちひろシレスタのブログ , 2018 All Rights Reserved.