ひよこ豆のかき揚げ「パコウダ」

2018/07/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらのカテゴリーは、「シタの台所」です。

お祭りが好き。食べるのが好き。

ネパールってどんな国?

そう聞かれたら。

「とにかくお祭りが多い!!」

「とにかく食べる!」

そう答える人は多いと思います。

どんなにお財布が空っぽでも

お祭りや行事に際しての会食は、

省略なしのフルコース。

相当に見栄っ張りなんじゃないかな~って思います。

食を共にすると言う価値観。

ネパール社会の柱だと思います。

だから?痩せていると貧素であると嫌われ、

肥えていることが裕福であると言われる訳で

ネパール人が「痩せていていいね」と言ったとしても

それは、褒め言葉ではないってことです。笑

 

本日のシタの台所は、「ひよこ豆のかき揚げ」

シンプルな庶民の味です。

材料(4人分)

  • ひよこ豆ガルバンゾー(挽き割り)・・・100グラム ホールでもOK!すり鉢でごりごり潰して砕いて使ってね!
  • 紫玉葱・・・・二個
  • 美味しい塩
  • クミンパウダー・・・小さじ1
  • ターメリック・・・・小さじ半
  • にんにく&生姜・・・ 1片づつ
  • カイエンペッパー・・・お好みで
  • 小麦粉・・・・大さじ3~4
  • 氷水・・・・大さじ3
  • 揚げ油・・・・適量

下準備

  • ひよこ豆は前の日に、たっぷりの水に浸し十分にふやかしておきます。
  • 紫玉葱はダイスに切ります。
  • にんにく&生姜は、石臼で練り合わせるかおろし金ですりおろしておきます。
  • 小麦粉はふるいにかけて置きます。
  • 氷水を作って置きます。

作り方

  1. ひよこ豆、紫玉葱を混ぜ合わせます。
  2. にんにく、生姜、クミンパウダーとカイエンペッパー。ターメリックと塩も少々入れます。
  3. 小麦粉を小さじ1ほど入れてざっくり混ぜます。
  4. 別のボールに、残りの小麦粉を氷水で溶いて3と合わせます。
  5. お玉やスプーンで4をすくい、170℃の揚げ油にゆっくり落とし入れて30秒。←動かさないでね!
  6. 上下を入れ替えて、1分~1分半くらい揚げます。

ポイント

  • お子さん用なら、茹でたじゃがいもをダイスに切り加えると喜ばれます。
  • 紫玉葱の代わりに新玉葱を使うと、甘い仕上がりになりますよ。
  • カリフラワーが安く入る時期には、沢山いれて作ります。←激ウマです!
  • ネパールでは小麦粉の他には、ひよこ豆の粉も使われます。

 

ネパールの家庭では、

料理に砂糖を使うことは絶対にありません!

おかずになるものは、強めの塩味なのに←強すぎるよぉ~

デザートやお菓子は、すご~~く甘い。

日本人の味覚では想像がつかないほど甘いからね!←要注意!

本日は

ネパールのカンタン家庭料理のご紹介でした!

是非、お試し下さい!

またね~~

ペリィ ベトラー!!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ちひろシレスタのブログ , 2017 All Rights Reserved.